こんにちは、Always Study管理人のぺんたとん(@pentatonn)です。

今回は”いかに発音が大事か”と”おすすめの参考書”をメインに記事にしました。

発音は英語を勉強する上で根幹をなす最も大事な部分です。これから英語の勉強を始める人も既にある程度英語を勉強している人も、是非この機会に発音の大事さを考えてみてください。

正しい発音の重要性とその効果

  • 語彙強化が楽になる
  • リスニング能力もあがる
  • 速読力にも効果あり

語彙強化が楽になる

英語上級者の方は口をそろえて次のことを言います。

”単語を覚える時は音から入ったほうが良い”

私達は英語を読む時でも日本語を読む時でも根本的には頭の中で音読をしています。例えば難しい本を読んでて読めない漢字が出てきた時にそれを顕著に感じるでしょう。

基本的に私達は文字と音をリンクをさせて単語を覚えています。それならば正しい発音を意識しつつ単語を覚えたほうが一石二鳥です。

リスニング能力が上がる

ネイティブが喋る英語はなぜ聞き取りにくいか?話す速度が速いだけでなくリンキングが多発していているからです。

英語では、文章中の2つの単語が連結して発音が変わる現象(いわゆるリエゾン)がよく生じます。リエゾンは、英語では linking(リンキング)という呼び方のほうが一般的です。

”リンキング”を理解するために発音を勉強しなければいけません。単語レベルでの発音の勉強に加えて文レベルでの発音もしっかりと勉強することで、リスニングが容易になります。

それもそのはずで、英語が早く聞こえるのはだいたいこのリンキングのせいだからです。

"It is a man"が"イリィザマン"に聞こえる理由が分からなければ、英語のリスニングが出来るはずがありません。

速読力にも効果あり

文字を読む時に根本的には頭の中で音読しています。英語の発音をマスターして正しく英文を音読することが出来るようになれば、英語独特のリンキングにも適応出来ます。

自分で音読してリンキングが起きるようになれば、発音しなくてもいい音がわかるので、音読の速度があがります。結果的に英語を読む速度自体があがるということです。

良い発音だとそれだけで勉強が楽しい

やっぱり英語を勉強するからにはペラペラのネイティブ英語を目指したいですよね。ペラペラに話すことは難しいにしても、発音を良くすること自体はとても簡単です。

発音がよくなれば音読は楽しくなりますし、英語を話していてネイティブっぽい感じに自惚れることが出来ますし、何より自信が付きます。学習をする上ではポジティブにしか働きません。

レベル別勉強法とオススメ発音本

TOEIC〜700の発音初学者

TOEIC700以下の方はリスニングもリーディングも受験程度に毛が生えた程度しか出来ていません。語彙力も乏しく、発音を勉強するには打って付けの時期でもあります。

このレベルの方はまずはざっくりと重要な発音を一通り勉強することが大事です。山のようにある母音だとか細かいことに拘らず、子音と特徴的な母音をまずは抑えて勉強しましょう。

英語舌のつくり方

関連書籍

おすすめ度
難易度
書評 英語初学者から発音を勉強したことがない英語上級者まで、とにかく誰でも簡単に発音が一通り勉強できるテキスト。これだけで基本的となる発音は完璧になるオススメの発音参考書。

TOEIC700〜の英語学習者

英語中級者や上級者であっても発音にはあまり自信がない人がいます。発音さえ良くなればかなりカッコいい英語になる人は発音を勉強して更に英語力をあげましょう。

このレベルの方は英語に耐性があるので基本の発音を勉強するだけでなく、マイナーな発音も含めて徹底的にブラッシュアップすると良いです。

Toefl対策発音トレーニング

関連書籍

おすすめ度
難易度
書評 TOEFL対策用とは書いているが、母音から子音まですべての発音を勉強できる完璧なテキスト。これを一冊やるだけで発音は完璧にマスターできるが、やはりそれだけあってハードルが高い。発音を全く勉強したことない人には絶対に勧めない一冊だが、ある程度の上級者なら辞書的に活用できる。

おわりに

今回は発音の重要性とおすすめの参考書を紹介しました。発音は英語学習の上で一番大事な部分なので徹底的にやりこんでください。英語学習が楽しくなること間違いなしです!

フィリピン留学でTOEFLの点数を上げる

サウスピークをご存知ですか?

3ヶ月でTOEICの平均スコアが生徒全体で200点以上上昇させるフィリピンの語学学校です。

TOEFL準備コースや、TOEFLコースも設けており、IELTSを含むあらゆる英語試験の対策ができます。

1万円お得になるクーポン請求

一週間の留学からでもお使いいただけます。






お名前必須
メールアドレス必須

私のサウスピーク体験記