今回は”おすすめのポッドキャスト紹介”をメインに記事にしました。

リスニングの勉強はなかなかつらいです。

どれだけ聞いてどれだけ勉強しても伸びが感じづらい。いつまでたっても聞こえないものは聞こえない。

打開する唯一の方法は楽しく多聴すること。

ポッドキャストの嬉しい効果

ポッドキャストとは、インターネット上で音声や動画のデータファイルを公開する方法の1つであり、オーディオやビデオでのブログとして位置付けられている。インターネットラジオ・インターネットテレビの一種である。

面白い題材を選んで楽しく学べる

どうせ勉強するなら楽しく勉強したいですよね。そういう人には、自分の好きな題材を選んで聴くだけでリスニング能力を上げていきたい人はポッドキャストがおすすめです。勉強は楽しければ自然と続きます。

もちろんTOEICやTOEFLなどの試験目的の人は試験用のリスニング対策も並行しなければいけませんが、リスニング能力の底力を伸ばすなら、遅かれ早かれポッドキャストにたどり着くでしょう。

リスニングのシャワーで耳が慣れる

だいたいのポッドキャストの長さ10分から1時間までです。少し考えてみてください。寝る前に1時間ポッドキャストを聴くだけで、1年経てば365時間リスニングの勉強をしたことになります。

英語の勉強はたとえ同じ時間勉強するとしても、短期間で一気にやるよりも長期間でちょっとずつやったほうが定着すると言われています。

毎日ある程度の時間英語を聞き続けていると、リスニング能力が格段に上がっていくことに気付くでしょう。聴けば聴くほど耳から入ってくる英語の情報処理の負担が小さくなっていくためです。

生きた英語が聞ける

生きた英語が聞けるっていうのは一番重要なことかもしれません。

試験勉強をするにしたって、究極的にはやっぱり英語をペラペラ喋りたいし相手の言ってることも理解したいじゃないですか。そうなると生きた英語独特のスラングや表現を吸収したいですよね。

ネイティブのポッドキャストを聴くことで、ネイティブの表現を自然に学ぶことが出来ます。日本の化石英語とは違います。いつまでバカみたいな文法の勉強をさせるんだって思う人がいても仕方ないですね。

ポッドキャストランキング

1位ALL EARS ENGLISH

おすすめ度
話す速さ
時間
語彙レベル
内容 日常生活の中でどうやって英語を使うかを女性スピーカー二人がロールプレイ形式で教えてくれる。また、英語表現だけでなく、アメリカのカルチャーの話も良くしている。
コメント 合計1000を超えるコンテンツ量があり、毎話10分〜20分と空いた時間に聞きやすい。英語表現やカルチャーの話がメインで英語学習者には嬉しいことばかり。スピーカーは二人とも英語の指導訓練を受けたことがあり、わかりやすく英語表現を説明してくれる。英語学習者向けポッドキャストなだけあって、難しい語句は使っていない。話す速度は速いが慣れてしまえば問題はない。
サイト ALL EARS ENGLISH

2位BCC LEARNING ENGLISH

おすすめ度
話す速さ
時間
語彙レベル
内容 興味をそそる題材を扱っていて、英語学習というよりも英語で話を聴くということに適している。題材はかなり幅広く、ダイエットから政治まで何でもござれ。
コメント 今回紹介するポッドキャストの中では唯一イギリス英語のポッドキャスト。話す速度はTOEICと同じくらいだが、イギリス英語を聞き慣れない人にとっては少しやっかいかもしれない。語彙レベルは題材によってばらつきがあるが、平均してみるとそこまで高くはない。母体がBCCというだけあって質がかなりよく、聞き流すだけではもったいないレベルの題材ばかり。スクリプトもあり英語学習者のことを考えられている点もGOOD。コンテンツ量は多いが1つあたりの時間が6分と短いので、スキマ時間活用には最適。
サイト BCC Learning English

3位STUFF YOU SHOULD KNOW

おすすめ度
話す速さ
時間
語彙レベル
内容 アカデミックで興味をそそる内容を扱っている。アカデミック内容の合間合間にスピーカー二人のアメリカンユーモア溢れるジョークが入るので、時折笑える。
コメント TOEFL対策には完璧どころかtoo muchすぎるポッドキャスト。1話あたりの時間も1時間程度のものが多く、聴き応え有りまくり。少しアカデミックな内容なので語彙レベルはTOEFLレベルで高め。長年運営されているためコンテンツ量も多く1年聞き続けても消化は出来ない。すでに紹介したポッドキャストでは物足りない人にはオススメできるが、英語中級者には少し難しすぎるだろう。話す速度が速い上にネイティブ同士の普通の会話のトーンで話が進むので、TOEFLよりレベルの高いリスニング教材とはなる。
サイト Stuff You Should Know

効果が出る目安は500時間?

何時間ヒアリングをすれば楽に英語が聞けるようになるのか?その断定は難しいですが、個人的に数百時間は必要だと考えています。

現に私もサウスパーク全話3周と【Hulu】でフレンズ全話2周、SUITS3周しましたが、フレンズの1周目途中で英語がクリアに聞こえるようになって、リスニング中の負荷がびっくりするほど下がりました。累計ヒアリング500時間目くらいの出来事でした。

Amazon Primeで無料多聴・多読

「Amazon プライムビデオ」アプリに”音だけ再生”機能が追加されました。

楽しみながら多聴を継続することでリスニング力を鍛えることができます。

Amazon Primeは学生向けに”6ヶ月無料Prime期間”を設けているので是非活用してください。

私はSUITSを3周ほど聴きまくってリスニング力を上昇させました。

電子書籍Kindleも月1冊無料で読めるので、ハリーポッターなどの洋書で多読もしてリーディング力も鍛えましょう。

おわりに

リスニングは英語で一番伸びにくい分野と言われています。大量の英語を聴くのは辛いでしょうから、勉強を楽しくするためにポッドキャストを導入してみてはいかがでしょうか?

TOEFLやTOEICに短期で直接効果が出るわけではありませんが、長期で見れば根本的な英語力が必ず付きます。騙されたと思ってためしてみてください。

はじめから1時間のポッドキャストはきついと思うので、まずは1日10分のポッドキャストから初めてみてはどうでしょうか。

サウスピーク留学のお得クーポン

3ヶ月でTOEICが平均200点上昇するサウスピーク

3ヶ月でTOEIC600点からTOEFL80点を目指すコース

1万円お得になるクーポン請求

一週間の留学からでもお使いいただけます。






お名前必須
メールアドレス必須

ご入力頂いた情報はクーポン&ギフト進呈のみを目的として使用されます。
クーポンコードをご利用頂いた方限定で無料で学習相談・留学相談も受け付けています。

Twitterでもクーポンコードの請求は可能です。

私のサウスピーク体験記