高校英語でも欠点を取りまくり、大学入試でも一桁しか取れなかった私が、今やアメリカの大学院で勉強できるまでの英語力を手に入れる事ができました。

そこで今回は「一人でできるスピーキング勉強」についておすすめの参考書を紹介します。

現在の英語力別にやるべき事、勉強時間の目安も書いているので是非参考にしてみてください。

瞬間英作文が最強の勉強法

スピーキング力上昇の一番ベースとなる勉強法は瞬間英作文です。

瞬間英作文の効果

瞬間英作文はスピーキングの勉強の中ではインプットの分野になります。

表現方法や英語知識の自動化によって、考えなくても英語が出てくるように徹底する訓練です。

瞬間英作文をするだけでほぼペラペラに英語が喋れるようになります。

とんすけ
スピーキング力で悩む人は多いけど、そんな魔法みたいな勉強法があるんだね

この記事では瞬間英作文用の参考書を9冊紹介しますが、それらをしっかりとこなすだけで十分ネイティブと会話できる素地ができるでしょう。

瞬間英作文はかなり大変だから効果がある。

他のスピーキング勉強法

スピーキングの勉強には他にもいろいろあります。

例えば、リーディングやリスニングの口頭要約などはかなり負荷の高い勉強法です。

要約練習の他には意見練習があります。

犬は可愛いか?

のようなシンプルな題材に対して、1分間自分の意見を結論と理由付きで述べる勉強法です。

瞬間英作文・意見練習・要約練習は学習負荷が高く、それぞれスピーキング能力の違う部分が鍛えられる。

瞬間英作文はインプットですが、意見練習・要約練習はアウトプットになります。

英語上級レベルになるまでは、インプット9割、アウトプット1割くらいの勉強割合で良いでしょう。

とんすけ
つまり、ほとんど瞬間英作文だけで事足りるという事だね

日常英会話はほとんど無駄

英語を喋れるようになりたいなら英会話が良い

というのはよく聞きます。ネットやSNSでもよく聞きますよね。

とんすけ
でも英会話スクール通ってる人でまともに喋れてる人見た事ないな

私の個人的な意見として、英会話練習はあまり効果がありません。

もちろん微々たる効果はありますが、瞬間英作文のようなインプット効果は無いし、意見練習・要約練習のような英語力を総合的に上げていく効果もそこまでありません。

日常英会話の唯一のメリットは「対人アウトプット練習」だという事です。

スピーキング力を上げるというより、会話環境に慣れると言った方が適正でしょう。

日常会話に慣れたいならドラマで十分

Amazon Primeで無料多聴・多読

「Amazon プライムビデオ」アプリに”音だけ再生”機能が追加されました。

楽しみながら多聴を継続することでリスニング力を鍛えることができます。

Amazon Primeは学生向けに”6ヶ月無料Prime期間”を設けているので是非活用してください。

私はSUITSを3周ほど聴きまくってリスニング力を上昇させました。

電子書籍Kindleも月1冊無料で読めるので、ハリーポッターなどの洋書で多読もしてリーディング力も鍛えましょう。

中学英語もままならない人

英語力ゼロの状態の人、もしくは知識はあってもスピーキング力が圧倒的に乏しい人におすすめの参考書を3つ紹介します。

レベル別英文

正真正銘、英語力がゼロの人におすすめなのは中学1年生レベルから始められるどんどん話すための瞬間英作文です。

どんどん話すための瞬間英作文

勉強時間 60時間 学習時期 いつでも

私はこの参考書をTOEIC250点の時にやりました。

TOEIC250点のレベルを簡単に言えば「英語力ゼロ」

そんな私でも中学1年生の文法を勉強した後、取り組む事ができました。

ただ、この本をやり終えてみた感想としては「I have a book」くらいの3単語レベルの簡単な文ならちょっと考えれば自然と出てくるようになったくらいです。

ぺんた
60時間頑張ってもこのレベルにしかならないけど、焦りは禁物だね

もちろん過去形や関係代名詞などもしっかりと組み込まれてはいるのですが、この段階でそれらを操るののは難しいです。

とっさのスピーキングに落とし込むためには、まだまだ練習が足りないので次の参考書に進みましょう。

中学レベルの英文をひたすら訓練

過去形や未来形、少しだけ複雑になった文の練習に向いているのがスラスラ話すための瞬間英作文です。

スラスラ話すための瞬間英作文

勉強時間 80時間 学習時期 中学英語学習済みorTOEIC350点

先ほど消化したどんどん話すための瞬間英作文の続編となります。

主語や時制が目まぐるしく変わります。

それだけでなく、関係代名詞や関係副詞も頻繁に出てくるようになっていて、この本を終えた頃には表現の幅が一気に広がるはずです。

この本をやり終えてみた感想としては

  • 時制を”少しだけ”考えられるようになった
  • 関係代名詞が普通に使えるようになった

の二つです。このレベルではまだ

I ate an egg after I buy it.

のようにバグった時制を使いがちですが、それでも関係代名詞が使えるようになったので喋れる文の長さが桁違いです。

言いたいことも無理やりなんとか言えるようになるレベルでしょう。

とんすけ
言いたい事が無理やり言えるレベルっていうのは、スピーキング学習上での最初の目標到達点だね

高校英語が理解できる人

大学受験で英語を使った人や、ある程度英語力に自信がある人は既に紹介した本に加えて、これから紹介する参考書も手にして練習すると効果大です。

高校レベルの瞬間英作文

中学レベルの瞬間英作文が終えたあとでも、動名詞などの分詞や現在完了などはうまく使う事ができないはずです。

喋れなくはないけど文が単調になりがちという人にありがちなのがインプット不足です。

そこでおすすめなのが新・基本英文700選

新・基本英文700

勉強時間 60時間 学習時期 高校英語学習後orTOEIC400点

その名の通り大学受験で重要な基本的な英文が700文掲載されていて、それを瞬間英作文していくことになります。

この本を終えてみた感想は

無理やり関係代名詞で繋いでいた文がもっとシンプルに喋れるようになったかなぁ

です。

とんすけ
分詞を使えるようになるだけでここまで簡単な英文になるんだね

ナチュラルな英語表現を学ぶ

これまでは受験英語のように正しい英文の参考書を紹介してきましたが、ここでおすすめするのは話すための英文法7

話すための英文法7

勉強時間 70時間 学習時期 高校英語学習後orTOEIC400

瞬間英作文用のテキストで、もちろん英文の正しさはしっかりとしたものなのですが、使用頻度に適応して書かれています。

例えば「〜が無ければ〜だ」という文では「Without ~, it would~ 」が一番ナチュラルで「If it were not for ~, it would ~」などは口語ではあまり使われないなど。

そんな豆知識が後ろの方にどっさりとのっています。

とんすけ
ナチュラルな表現を学ぶ+瞬間英作文の練習におすすめだね

TOEICで600以上取れている人

TOIECで既に600以上取れている方や、大学受験でかなり英語が得意だった方はいきなりこのレベルから始めてもいいかもしれません。

これ一冊でいいんじゃない?レベル

個人的にこれはヤバイと思うのがZ会の速読英単語必修編

速読英単語入門編

勉強時間 100時間 学習時期 TOEIC600以上

私自身も最近学習を終えたこの本ですが、負荷も効果も驚くほど高かったです。

入門編なので英単語は中学レベルなんですが、文構造は仮定法過去完了やら動名詞やら、もう瞬間英作文の練習目的ならパーフェクトな参考書です。

とんすけ
これ1冊で全てが賄えるんじゃ無いかってくらい完璧だけど、初学者にはちょっと厳しいね

やってみた感想としては、喋れる文の長さが無限に増えるだけでなく、英語で考えられる素地もつきました。

ただ、負荷がかなり高いので途中で投げ出しがちになります。

そのため、英語力にかなり自信がある方でないと最初からこの一冊に挑戦するのは無謀でしょう。

英語スピーキングにある程度自信がつくまで、これまでに上記で紹介したテキストで自身のレベルを上げた方がいいかもしれません。もちろん、試しに本屋で見てみて、出来そうならいきなり手に取っても大丈夫です。これを終えただけで、ある程度ナチュラルに英語が口から出てくるようになりました。

ひたすら修行をするなら

入門編を終えただけで、日本人の英語学習者の中ではかなりペラペラな部類になるのですが、まだ少し英語がぎこちなかったり、しゃべる時に詰まったりします。

言いたいことも的確に表現できない事があるので、更なるブラッシュアップが必要です。

そこで今からおすすめするのは必修編熟語編上級編長文編です。

他に最強の4冊

勉強時間 各100時間 学習時期 TOEIC700以上

上で紹介した入門編ですが、瞬間英作文目的ならその続編として必修編熟語編上級編長文編の4冊もやるべきです。

難易度は順番通りになっていて、この全てのテキストを終えられれば、かなりスラスラ英語が話せるようになるでしょう。

入門編だけでさえ自分の言いたい事が「言い方を変えれば」言えるようになります。

語彙レベルも熟語レベルも一緒に磨き上げていけるので、瞬間英作文の勉強としてはこの参考書たちが最後のテキストになる事間違いなしです。

ちなみに、私は今必修編を勉強していますが、なかなか難しくて大変な思いをしています。必修編の後は熟語編、発展編、長文編と続けていく予定ですが、おそらく熟語編までこなすだけでもうネイティブと会話できるレベルにはなると思うので、様子を見つつ勉強する予定です。

スピーキングは自分一人で上げる

スピーキングも結局自分一人でインプットをして学習する必要があります。

記事中で紹介した本です。難易度別に並んでいます。学習時期の大体の目安としてTOEICで100×番号と考えてください。

スピーキングそれ自体の練習も大事ですが、上級レベルになってくるとリスニングの勉強も大事になってきます。

自然な英語表現を耳から学ぶ事でスピーキングの学習にも相乗効果があるのでリスニングの勉強も少しずつ始めてみてください。

リスニングの勉強法

サウスピーク留学のお得クーポン

3ヶ月でTOEICが平均200点上昇するサウスピーク

3ヶ月でTOEIC600点からTOEFL80点を目指すコース

1万円お得になるクーポン請求

一週間の留学からでもお使いいただけます。





お名前必須
メールアドレス必須

ご入力頂いた情報はクーポン&ギフト進呈のみを目的として使用されます。クーポンコードをご利用頂いた方限定で無料で学習相談・留学相談も受け付けています。(大学院留学の相談も可)

Twitterでもクーポンコードの請求は可能です。

私のサウスピーク体験記