いい大学に入れなかった。中途半端な大学にしか入れなかった。大学院で学歴をバージョンアップさせて、なんとか有利に物事を運びたい。

いわゆる”学歴ロンダリング”

通称学歴ロンダをしたいと考える人は少なくないと思います。大学受験に失敗して仮面浪人する人や、3年次転入でより良い大学に行く人。大学院受験を制覇してトップオブジャパンの大学に行く人。いろんな人がいます。

今回は学歴ロンダに関して私が思うことを色々と書きたいと思います。学歴ロンダに大成功した私の目線からのお話になります。中には役立つ情報もあると思うので、よかったら見てください。

学歴ロンダの実態

一部から妬まれる

二流大学の人が大学院から東京大学に入ったとしましょう。その人が東大ヅラをすることを面白く思わない人たちがこの世の中にはいます。学部入試よりも大学院入試は”簡単”だと決めつけて、大学院からならバカでも入れると思っている人です。

二流大卒のバカのくせに東大の大学院に入って、自分以上の学歴を自称されるのが受け入れ難いのでしょう。気持ちは分からなくはないです。

実はどうでもいい

大学内部からはどう見られているか?ですが、100%私の想像で言い切りますが、内部上がりだろうがロンダ組だろうが”どうでもいい”と思っていると思います。(学部の人たちがどう思ってるかは知りません)

大学院でやるべきことは研究であって、自分の研究に支障が出ないのであれば、周りがバカであろうが賢かろうが関係ないからです。研究さえ出来ればよかろうの精神で、どこから来たかなんて本当にどうでもいい事です。

研究のレベルは学歴という箱で決まるわけじゃないですからね。

そもそも学歴ロンダとは?

学歴を上げることを学歴ロンダと呼び忌み嫌うのなら、高校から大学の段階でも学歴ロンダと揶揄されてもおかしくないはずです。にも関わらず、巷で聞く学歴ロンダは大学学部から大学院のみを指している場合がほとんどです。

なぜこのようなことが起きるのか?

それは、この事象を学歴ロンダと呼ばなければ困る人たちがいるからだと私は考えています。本来、大学側が求めているレベルの学力を提示できるのであれば、何も問題はないはずです。誰からもバカにされる理由なんてないと思います。

2流大学から1流大学院に行こうが、底辺高校から一流大学へ行こうが、より良い環境を求めると言う意味では至極当然な行動のはずです。

でも学歴ロンダは忌み嫌われています。高校から大学の場合にはなかった”何らかの事象”が、学歴ロンダという言葉をうみだしているのだと思います。

その正体は学歴コンプレックスではないかなと私は考えています。超進学校出身なのに良い大学へ行けなかった人が延々と出身高校を誇示するように、大学院に行けない人が同じことをしているのだと考えれば、すごく腑に落ちます。

就職で不利なの?

就職で不利だという情報がコロコロ転がってますが、果たして本当にそうなんでしょうか?私はまだ就職活動はしていませんし、それを実感できてはいませんが、この主張に関してはどうも合理性に欠ける説明ばかりが述べられている気がします。

研究をしている人ならわかると思いますが、大学院まで行った後は学歴ではなく内容が見られると思います。何をしたかが見られるわけです。研究ができない人間に人権はないのが大学院です。

教授の推薦がもらえるかどうかも完全に研究の出来次第です。出身学部に直接関係性があると考えるのはバカです。もちろん内部上がりの方が教授と親しくなりやすいので、そう言う意味では有利でしょうが。

学歴至上主義、難易度至上主義が通用するのは学部入試までです。それ以降は実績が重要になってきますから、その意味では学歴ロンダ自体には意味がないんですが、就職で不利とまで言えるかは甚だ疑問です。

私が思うこと

就職をする際に、企業は”院ではなく学部を見る”というのは”学部ではなく出身高校を見る”というのと同じレベルの議論に見えてすごくバカバカしく思います。
もちろん実際そう言う企業もあるでしょうが、そういった企業はひとえに愚かな企業であるか、もしくは院卒を必要としない募集案件なんでしょう。

学歴ロンダ関連書籍

私のロンダ

私は学部時代、私立の大学にいました。決して一流とは言えない大学です。ですが大学院はアメリカの名門大学の博士課程です。まさに学歴ロンダの鑑となる行動をしたわけです。

アメリカの普通

アメリカでは大学学部から大学院へ進学する際に、別の大学へ行くのは当然のことです。より良い環境を求めてステップアップするのは普通のことです。そしてその最終学歴で学歴をはかることも当然です。

もちろん一番重要なのは大学で何を勉強したかですが、学歴自体は本当の最終学歴を見るわけです。何らおかしなことはないです。

博士は尊敬される

”アメリカの普通”のもう一つでかいことが、博士は尊敬されるということです。一方で、日本で「大学院で勉強している」と言おうものなら、あまりいい顔はされません。

”まだ学生やってるの?いつ社会に出るの?”

そう言う声が聞こえてくるのが実情です。これは中々フラストレーションが溜まります。

例えば、田舎住みで、閉鎖的な村町に住んでいたとしましょう。そこは高校卒業後はすぐに働くのが普通の社会です。大学に進学しようものなら「いつまでも学生身分で遊んでないで働け」と周りみんなが責め立ててきます。

今の日本はまさにそんな感じです。すごく閉鎖的な社会に思えます。

学歴ロンダのススメ

結局のところ日本で生活をする以上は、たとえ結果的に学歴ロンダに成功したとしても、そしてたとえその大学院で真面目に研究したとしても、一部の部外者からは学歴ロンダと馬鹿にされるし、村社会の住人からはいつまで遊んでいるんだと叱られます。

それならばいっそ、日本なんか捨ててアメリカにきませんか?と言うのが私の言いたいことです。

一流大学の博士課程であれば学費は免除、生活費も月20〜30万円支給されます。お金に困ることはありません。本気で学歴浄化をしたいのなら、アメリカにくればいいんです。

アメリカでは学歴ロンダなんて概念はないですし、同じ学内の生徒からでさえも、博士というだけで尊敬してもらえますよ。就職だって世界的企業にいけますよ。学部の学歴を見るとか馬鹿なことしてる企業なんて無視してもお釣りがきますよ、きっと。

まとめ

自身の学歴が不満で学歴ロンダをするかどうか迷っている人は、アメリカの大学院に来ればいい。学歴ロンダと馬鹿にされることは最早ないし、正規の留学経験だってつめる。学費も生活費ももらえるんだから、むしろ来なきゃ損です。

私でも拾ってもらえたんだから、誰だって頑張ればいけます。国内の大学院しか考えてない人も、この機会にぜひアメリカを考えてみてくださいね。

大学院留学の質問等があればまたコメントやお悩み相談室から連絡ください。

コメント一覧
  1. けんご より:

    はじめまして、私は現在大阪の大学に通っており、三回生で理系です。院から海外の大学に進むことについて、質問したく、連絡させていただきました。
    現在の大学から東京大学に進学したいと思っています。今の大学に特に不満があるわけではないですが、ステップアップしたい、また他の大学に行くことで自分の世界を広げたいというのが主な動機です。しかし、貴殿のブログを読ませていただいて、ついつい日本という狭い視野しか持っていないことに気づきました。
    そこで、お聞きしたいのですが、海外の大学の院に行く場合、どういった手続きや資格が必要となるのでしょうか?またその手続きはどこでどのようにするとよいのでしょうか?
    お忙しいとは思いますが、ご返信お待ちしております。

    • ぺんたとん PentaTonn より:

      海外の理系大学院も視野にいれているということで、必要書類・要件とスケジュールを簡単に書くと、
      TOEFLiBT、GRE,GREsubject,推薦状3つ、志望動機書、成績表、履歴書(CV)が出願書類で、出願資格は関連学位の学士(関連して無くても大丈夫な場合もあります)とToeflで足切りスコアをクリアしていることです。
      博士課程に出願するつもりでなければ合格率はグッとあがりますが、1年間アメリカで暮らしていけるだけの学費+生活費くらいの財政証明も提出する必要があります。博士課程に出願する場合は財政証明は不要ですが、民間財団奨学金を獲得しておけばいずれにせよ合格率が跳ね上がるので挑戦してみてもいいと思います。出願手続きはすべてインターネット上でできます。志望大学のホームページからオンラインで出願できるので楽といえば楽です。

      出願スケジュールについてですが以下のようになります。
      GRE subjectは4,9,10月だけ:4月9月10月の3回しか試験を行っていない上に受験地は大体福岡か沖縄
      GREは11月~1月まで:1年で5回までいつでも受けられる出願先の出願締切に依存する
      Toelfは11月~1月まで:1年で何回でも受けられる(受験料2万5千円)出願先の出願締め切りに依存する
      推薦状は10月までに依頼推奨:先生から直接大学にオンラインで提出して貰う必要がある。先生も忙しいので早めにお願いしておくと良い。
      出願締切11月~2月まで:12月15日から1月15日がボリュームゾーン、志望動機書も出願締め切りまでに出せばいい。
      合否発表は2月〜4月:早ければ2月、遅くても4月15日

      以上をふまえて志望校選定は遅くとも8月までにしておくと割とスムーズに行くと思います。(一番厄介なのはToefliBTの足切りスコアなので、そこだけは注意してください)詳しくはアメリカ大学院留学 出願に必要なものと期限まとめをご覧ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください