「発音学習後の徹底音読がリーディング力向上に最強な理由」を考える

今回は”リーディングの勉強法に音読が最強な理由”とおすすめの参考書”を記事にしました。

最強の勉強法は音読

英語上級者ですら認める唯一無二の最強の勉強法、それは音読。

この勉強法は絶大な効果を誇るばかりか、その効果はリーディングだけに限定されないんです。

リスニングにもスピーキングにも効果がある、すごい勉強法です。

英語のまま理解できる

意味を理解している英文の音読を繰り返すことで、英語を喋りながら意味を理解するということが頭の中で繰り返されます。

すると次第に、英語は英語のまま理解できるようになっていきます。英語が英語のままで理解できるということは、すなわち、英語を前から理解できるということです。

後ろから読まなければ理解できない状態だった人は、読む速さが飛躍的に上がります。

発音が良くなる

正しい発音を意識しながら音読を繰り返すと、繰り返した分だけ発音が良くなっていきます。

発音が良くなるというのは、単語レベルでの話ではなく、センテンスレベルでの話です。

アクセントのつけ方、英語独特の抑揚、音の繋がり方、全てが改善されていきます。これがどういうことを意味するかというと、リスニング力も上がるということです。

そもそも、ネイティブが喋る英語はなぜ聞き取りにくいの?

それは、話す速度が速いだけでなくリンキングが多発していているからです。

英語では、文章中の2つの単語が連結して発音が変わる現象(いわゆるリエゾン)がよく生じます。リエゾンは、英語では linking(リンキング)という呼び方のほうが一般的です。

リンキングを理解するために発音を勉強しなければいけません。単語レベルでの発音の勉強に加えて文レベルでの発音もしっかりと勉強することで、リスニングが容易になります。

それもそのはずで、英語が早く聞こえるのはだいたいこのリンキングのせいだからです。

"It is a man"が"イリィザマン"に聞こえる理由が分からなければ、英語のリスニングが出来るはずがありません。

今まで聞き取れなかった英語が聞き取れるようになります。

リズムが掴める

3つ目の効果はリズムが掴めるようになることです。英語独特のリズムです。読むリズム、話すリズム、聞くリズム、全てにおいてリズムがついてきます。

英語のリズムが身につけば何が良いのか?それは、文章を読むとき、単語レベルで一つ一つ見るのではなく、ある程度のまとまった内容を一つとして、英文を読んでいくことができることです。

文の構造として、どういった言葉がその文の意味を形成しているのか。英語のリズムを学ぶというのは、それを学ぶことに等しいわけです。

特に覚えていてほしいのは、文字を読む時に根本的には頭の中で音読しているということです。

英語の発音をマスターして正しく英文を音読することが出来るようになれば、英語独特のリンキングにも適応出来ます。

自分で音読してリンキングが起きるようになれば、発音しなくてもいい音がわかるので、音読の速度があがります。結果的に英語を読む速度自体があがるということです。

良い発音だとそれだけで勉強が楽しい

やっぱり英語を勉強するからにはペラペラのネイティブ英語を目指したいですよね。

ペラペラに話すことは難しいにしても、発音を良くすること自体はとても簡単です。

発音がよくなれば音読は楽しくなりますし、英語を話していてネイティブっぽい感じに自惚れることが出来ますし、何より自信が付きます。学習をする上ではポジティブにしか働きません。

音読の方法はどうすべき?

音読が大事なのは分かったけど、そもそも音読の仕方がわからない

と言う方が大半だと思います。でも安心してください。音読といえど、独学ができます。

とりあえず発音

音読を始める前に、まずは発音を勉強してください。これをするのとしないのでは、効果が全く違います。

発音を後から矯正するのは、英語学習が進むにつれて難しくなっていきます。

なので、英語初学者の方は今すぐにでも発音の勉強から始めてください。英語中級者の方でも、発音は勉強してください。少し大変ですが、まだ間に合います。

TOEIC700以下の人

おすすめ度
難易度
書評 英語初学者から発音を勉強したことがない英語上級者まで、とにかく誰でも簡単に発音が一通り勉強できるテキスト。これだけで基本的となる発音は完璧になるオススメの発音参考書。

TOEIC700以上の人

おすすめ度
難易度
書評 TOEFL対策用とは書いているが、母音から子音まですべての発音を勉強できる完璧なテキスト。これを一冊やるだけで発音は完璧にマスターできるが、やはりそれだけあってハードルが高い。発音を全く勉強したことない人には絶対に勧めない一冊だが、ある程度の上級者なら辞書的に活用できる。

発音勉強後は音読用の教材を選ぶ

TOEIC教材でも、受験問題でも、音読用の教材は何でも良いですが、発音を学んだ直後は音の正解がわかるような物にしてください。

リーディング教材であっても、音源CDがついてるものがお勧めです。

基本的な発音の仕方が分かってくれば、音源CDはもう必要ありません。全ての教材で音読をしましょう。

考えながら音読

教材を選んだら日本語の意味をしっかりと考えながら音読をしていきましょう。

難しい英文でも簡単な英文でも、音読することの効果は絶大ですが、難しい英文を音読する際は、必ず一番最初に、徹底的に全文の理解をしましょう。

最低でも5回は音読してください。10回から15回繰り返せば、一旦は良いでしょう。一通り音読し終わっても、その教材を最低3周は回しましょう。

音読は本当に効果がある

私は大学入学当初TOEIC250点でした。英語の勉強を、人生で一度もしたことなかったからです。

本当に効果のある勉強法に出会えたから、今の私があります。その勉強法こそが音読です。

ここまで言っても疑う人は、英語ができる人に聞いてみてください。音読の効果について。

まとめ

音読は最強の勉強法です。読むのが早くなるだけではなく、リスニングにも効果があります。

発音は良くなり、英語を喋ることも楽しくなってきます。

百聞は一見にしかずです。兎にも角にも、発音を勉強して、今日から音読生活をスタートさせましょう。発音を学ぶと、英単語の暗記も簡単になります。

発音は英語を勉強する上で根幹をなす最も大事な部分ですから、これから英語の勉強を始める人も既にある程度英語を勉強している人も、是非この機会に発音の大事さを考えてみてください。

サウスピーク留学のお得クーポン

3ヶ月でTOEICが平均200点上昇するサウスピーク

3ヶ月でTOEIC600点からTOEFL80点を目指すコース

1万円お得になるクーポン請求

一週間の留学からでもお使いいただけます。





お名前必須
メールアドレス必須

ご入力頂いた情報はクーポン&ギフト進呈のみを目的として使用されます。クーポンコードをご利用頂いた方限定で無料で学習相談・留学相談も受け付けています。(大学院留学の相談も可)

Twitterでもクーポンコードの請求は可能です。

私のサウスピーク体験記