今回は”阪大入試レベルの演習問題”まとめを記事にしました。

難易度目安

  • 難易度1:完答すべき基礎問題
  • 難易度2:頑張れば解ける問題
  • 難易度3:捨てる問題

難易度1を全問解けるようになれば阪大文系で7割は安定して取れます。

解析系の演習問題

北大2018

一橋2018

一橋2018

一橋2018

一橋2017

神戸2015

一橋2013

北大2013

北大2013

北大2016

12月には過去問を一通りやろう

12月には一通り解き終えよう。早めに傾向を把握して類似問題の演習に取り組むべき。早めに過去問を消化しても駿台の実戦模試集があるから問題なし。

代数系の演習問題

北大2011

北大2018

神戸文2018

名古屋2017

一橋2017

神戸2015

北大2015

幾何系の演習問題

神戸2018

北大2017

神戸2016

一橋2013

一橋2013

北大2012

北大2013

九州2012

最終確認で実戦模試5回分消化しよう

阪大入試2週間前には最終確認として手をつけたいところ。だいたいこのレベルの問題が出る。

確率系の演習問題

北大文2018

神戸文2018

北大文2017

神戸2016

神戸2015

おわりに

阪大の文系数学の難易度は年によってバラバラで、ほぼ数学だけが原因で全体の平均点が下がることもあります。

例えば2018年第3問は文系の方で解けた人はほぼいないでしょう。このサイト基準でいえばレベル2〜3の問題となります。

阪大文系はレベル1の問題が毎年2つは出るので、この演習問題30問を完璧にマスターさえすれば7割は超えられます!