こんにちは、Always Study管理人のぺんたとん(@pentatonn)です。

今回は”アメリカの医療費事情”をメインに記事にしました。

アメリカ留学中に怪我や病気をしてしまった場合、救急車を呼ぶのも躊躇するくらい大変なアメリカの医療費事情。よかったら続きを見てください。

アメリカの医療費事情

急に体調が悪くなった

先日、キンキンに冷えた冷水を寝起きにガブガブ飲んだところ、急激な腹痛に襲われました。下痢、嘔吐感が止まらなくなり、体も震え始め、ダウンコートと毛布に包まっていても寒さで凍えてました。

このままじゃやばい!

そう思った私は、救急車を呼ぶべく電話に手をかけましたが、そのときは救急車を呼ぶ番号を知りませんでした。急いでネットで「救急車 アメリカ」と調べると、911(救急車を呼ぶ番号)なんかよりも衝撃的な内容が目に飛び込んできました。

関連書籍

救急車を呼ぶのにもお金がいる

日本では救急車を呼んでもお金を払う必要はないですよね。そもそも国民健康保険に加入する義務があり、税金としてお金を払っているという考え方もできます。だから日本では緊急性が無くとも救急車を呼ぶことが比較的容易にできるわけです。以前問題にもなりましたよね。

ところがアメリカではそうはいきません。救急車を呼ぶのさえ、お金を取られます。いくらくらいだと思いますか?1万円?2万円?いやいや、そんなに安かったらアメリカでも社会問題になりませんよ。

実は、アメリカでは救急車を呼ぶだけでだいたい数十万円かかります。10万円で済んだというケースがあるかと思えば、50万円も請求された場合もあるのだとか。

とんでもない国ですよアメリカは。そう思った私は救急車を呼ぶことをやめて、歩いて病院に行こうと決断をしました。ところがーー

骨折で2000万円請求された!?

さすがはアメリカ、医療費自体も救急車に負けず劣らずビッグなんですね。数日入院するだけで百十数万円、手術なんてしようものなら数百万円かかるのはザラです。保険に加入してなければ破産ですよ。そういった事情もあり、お金がない人はアメリカで医療を受けることができないんです。

腹痛に襲われても救急車を呼ぶことを躊躇した懸命な私は、念のため医療費についてもその時検索してみました。すると、高額の医療費が請求されたという記事が出て来る出て来る。なかには、骨折の手術をしたら2000万円請求されたというような記事が出てきました。この記事の信憑性は一旦置いておくとしても、その時の私は蒼白でした。顔面が。

「もし私も2000万円請求されたらどうしよう。病院に行ったのに首を括る必要がでてくるぞ」

そうかんがえた懸命な私は、病院に行くことも諦めました。

スポンサーリンク

まとめ

後日思い出したのですが、実はわたしは、学校の提供する医療保険に入っており、ほとんどの医療費がカバーされる事を忘れていました。懸命な私はただのバカでした。バカと天才は紙一重っていうことですね。(???)

アメリカへ行かれる方は”必ず”医療保険に入ってから行きましょう。日本語サポートがある日本の保険でも、アメリカの保険でも何でもいいので、とりあぜず保険には加入しておいてくださいね!

スタディサプリでスキマ時間を活用
ってご存知ですか?
2018年度の合格実績
東大 115 京大 168 早稲田 1329
慶應 630 明治 2076 立教 1440

無料体験をするだけで、あなたの志望校に向けた学習プランが1年分届きます。

しっかりとした勉強プランを持たずに闇雲に勉強するのは損!